デートでは食事も大切です。

恋愛初期の場合は特に気合いの入った場所で食事する機会も多いと思います。

恋愛当初は緊張していて、食事中、あまり食べられなかったという女性もいると思います。

男性も女性も緊張のあまり、緊張をほぐそうとお酒を飲み過ぎてその結果最悪の結果になったという失敗談も多いです。

相手のことをまだあまり知らない恋愛初期で、足元がふらつくほど、あるいは何を話したのかもよく覚えていないほど飲みすぎるのは最悪です。

例え相手がその場では笑顔でも、絶対にいい気持ちはしていないと思います。

デートでは、アルコールの度数を抑える、量を減らす、水と交互に飲むなどくれぐれもお酒に飲まれないようにしましょう。

また基本的なことですが、食事のマナーも大切です。

口の中に食べ物が入った状態で大口をあけて話すとか、あぐらをかくとか、箸の使い方が汚いとか、おしぼりで顔を拭く、食べながら自分の髪の毛、体などあちこち触るような、見るからに不衛生な行為は相手に嫌われる要因となります。


お酒での失敗は、コンパなど飲み会でも失敗談をよく聞きます。

気にいった相手がいたから、明るく楽しくその場を盛り上げようとお酒を飲み過ぎてしまって、酔いつぶれて寝てしまったとか、飲み過ぎてコンパの間中トイレから出てこられなかったという話はよくあります。

お酒は飲んでも、決して飲まれてはいけません。

少し飲みすぎたと感じた時点で、お水を1杯飲むようにするとか、ペースを落とす、少し休憩するなど行きすぎないように自分で自分をコントロールしなければいけません。

デートも、飲み会も食事、お酒の場は大切です。

恋愛対象となると、特に相手の細かいところをチェックしているものです。

気を抜きすぎず、楽しく食事してお酒を飲みましょう。