男心と女心は違うものです。
この違いは、「恋愛心理学」を知ることで理解できます。
恋愛心理学を知って、恋愛に必要なテクニックがわかって、恋愛上手になれます。
男性は女心、女性は男心を知ることで、相手の心をつかむことができます。

男性と女性の違いはたくさんあります。
体つきが違うことはもちろん、価値観も違います。
そのため、男性は女性の価値観に興味があり、女性は男性の価値観に興味を持ちます。
こうした男女の違いを知ること、それは恋愛心理学を学ぶ上で大切なことです。

恋愛心理学では、好きな人の気持ちについて、いろいろな面から観察して、考えていくことができます。
恋愛心理学のなかに、「類似性の要因」があります。
人は他人との間に共通している部分、自分と似た部分を探します。
そして似ている相手に好意を抱き、友達、恋人となっていくのです。
それを利用すると、好意を持つ相手に、自分が似ている部分をアピールすればいいことになります。
相手は自分に興味を持ってくれるでしょう。

他にも「近接の要因」があります。
自分に近い存在の人を好きになる、仲良くなるということです。
学校が一緒、職場が一緒、など身近な相手が恋愛対象となりやすいのはこのためです。

このように恋愛心理学には、人を好きになる理由、恋愛中の心理、トラブルなど恋愛に関係する多くの心理が説明されています。
異性の気持ちを知りたければ、恋愛心理学を学んでみるといいでしょう。
モテる秘訣は、恋愛心理学にあるかもしれません。